ヘアカラーした後にどんどん明るくなる理由

みなさんこんにちは!

よくお客様から聞かれる質問ですが、カラーをした後時間が経つと、髪の毛が思ってたより明るくなってしまう事ありますよね??

あの原因は、ヘアカラーにあったのです!

カラーは、「脱色」しながら「発色」させています!

 

どういうことかというと…

黒い状態の毛束が、カラー剤に入っている「脱色剤」によって脱色(ブリーチ)されます。

 

明るさや希望の色によって脱色の度合いは変わり、

明るい色ほど脱色剤が多く入っています。

 

最近流行りの「アッシュ」「グレー」などは、脱色をしっかりして髪を「薄い黄色」ぐらいまでにしないとならないので、

「脱色」を別でしないといけないんです!

 

 余談ですが、

よく、

「ブリーチをしたら傷む」

という人や美容師がいますが、

ヘアカラーでもブリーチはするので傷みます!

ブリーチ剤に比べたらダメージの度合いは違いますがね、、

その脱色(ブリーチ)をしながら、人工の色素が入ることで希望の色に「発色」します。

こうして髪の毛が希望の色に染まるわけです!

しかし、「シャンプー」をするたびに、人工の色素がちょっとずつ出ていきますので、

「脱色しただけの状態」にちょっとずつ近づいていきます。

これが「退色」です!!!

 この退色は、「オシャレ染め」「白髪染め」などの薬によっても差があるし、

色味や明るさによっても多少の違いはありますが、

どんなカラーも「退色」します。

 

この脱色剤によって、明るくなった髪の毛が退色によって目立ちはじめ、明るくなって見えると言うのが、原因だったのですね!

色持ちもトリートメントや、毎日のヘアケアで持ちも変わりますので、皆さん正しいヘアケアを心がけましょうね!!

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • line
    totop