目白の美容室ルッソカナン 白髪の原因

目白の美容院 Lusso canaanの塚越です

突然ですが、私たちに生えている髪の毛は、実は色素のない白髪だったってのはご存知でしたか?

もともと白かった髪が、私たちの毛穴の奥にある「毛を黒く染めるシステム」を通して、黒く染まり、美しい黒髪として頭に生えるんです!

そして年齢を重ねたり、不健康な日々を送っていると、この「黒く染めるシステム」が弱まってしまい、黒く染まりきらなかった毛が生え始めるというわけです。

それが、白髪の正体だったんです!

白髪は、黒髪を生み出すサイクルが崩れたときに生まれます!
「黒く染めるシステム」がなぜ弱まるのか?

を解説する前に、私たちの黒髪はどのようにして生えるのかというメカニズムを簡単にお話ししておきます。

髪の毛の赤ちゃんを専門用語で

「幹細胞(かんさいぼう)」と呼びます。
実は、白髪や抜け毛など、毛にまつわるあらゆる問題は、この幹細胞の働きがおかしくなることによって起こるんです。

そこで、続けて幹細胞の働きについて解説していきます!

幹細胞が成長すると、
「毛母細胞」「色素細胞」になり、お互いに協力し、健康な黒い髪を作り上げます!


まず、「毛母細胞」が色のない髪を作り出します。

毛母細胞が髪を作っている間、髪の色を担当する「色素細胞」は、せっせと黒い色素を作ります。
その色素の名が「メラニン色素」です

メラニン色素はシミやソバカスの原因にもなる色素なので、女性の方は聞いたことがあるかもしれませんが、髪の色を黒くする上では大切な色素なんです。
そのメラニン色素を毛母細胞の作り出した白髪に合わせて、黒い髪の毛が出来ていくのです!

実は今の技術では、白髪と遺伝との関係ははっきりとは解明されておらず、

病気が原因で白髪になることもあったり、その病気が遺伝性だったりすると、白髪になりやすいことはあるみたいです。

なので、ご両親に白髪が多い人もあきらめずに白髪予防をしていくことが大事なんですね(^ ^)

また、大人になった幹細胞「毛母細胞」「色素細胞」がおかしくなることで、メカニズムが狂うケースもあります。

色素細胞がメラニン色素を作れなくなったことで、毛母細胞が髪を黒く染められなかったり、

毛母細胞が色素細胞がつくったメラニン色素の受け取りに失敗するようになると、メカニズムが狂って、黒くなるはずだった髪の毛が白くなってしまうんです。

健康な毛が生えるサイクルが乱れる原因は、活性酸素の増加や老化による遺伝子異常だけでなく、栄養不足や睡眠不足、血行不良なども考えられます。

その原因をいかに減らすかが、白髪予防のポイントになります!

1. アミノ酸、ビタミン、ミネラルを積極的に摂り、栄養バランスを大事にする

2. 1日6~8時間の睡眠時間を確保し、睡眠不足を防ぐ

3. 頭皮のマッサージをおこなうことで、頭皮の血行を促進する

4. タバコやストレスなどを避ける

では、もし、気になる白髪を見つけてしまったら、どうすればいいのでしょう?

その場合の対策がこちら!

【白髪対策 1】
生えている白髪が少ない場合はハサミでカットする

白髪を見つけてしまったものの、まだ本数が少ない場合は、少し面倒ですが根元からカットしましょう。
そうすれば、しばらくは白髪が目立たなくなりますし、毛穴を傷めることもありません。

ただし、白髪の本数が増えてきてカットしきれない場合は大変です。

そのときは、次の方法で染めてしまいましょう。

【白髪対策 2】「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘナ」などで白髪を染める

正直、、白髪が増えすぎた場合は、白髪染めをすることが一番の対策です。

ちなみに、一時的なストレスによって白髪になることもあります。

その場合はストレスが解消されると、白髪になった毛穴から再び黒髪が生えてくることもあるんです。

そのため、白髪を増やしたくないのなら、禁煙をしたり、自分に合ったストレス発散法を見つけるようにしましょう。

いかがでしたか?

若さの大敵である「白髪」

白髪があるだけで、実年齢よりも老けて見られるという事実。
ということは、今生えている白髪を目立たなくするだけで、若くなるかもしれないんです!

ちなみに最近ではグレイヘアーをあえて残してハイライトを入れてオシャレに白髪を目立たなくするカラーも目立って来てます!

他にも対策としては栄養バランスの良い食事を心がける事も大事とされています!

髪の毛と爪の栄養は身体の1番最後に回されるようなので充分に行き渡らせるためには、日々の生活習慣に気をつける必要があります。

ぜひ皆さんも参考にしてくださいねm(__)m

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • line
    totop