サラサラメンズのホームケアって?

こんにちは!

lussocanaan 関谷です。

髪質改善メンズ編!

今回はホームケアについて

着目してみました!

皆さん、サロンで行った施術を維持する方法

ご存知でしょうか?

例えば、カラーを長持ちさせたい!

しっかりかけたパーマをダレされたくない!

縮毛かけたのにすぐとれてしまうのは嫌だ!

トリートメントを保たせたい!

こんな時どうすればいいのか、

何からやっていいのか分かりづらい時があると

思います!

サロンで施術した後のクオリティを維持するのは正直、ホームケアの仕方が大事になってきます。

具体的にホームケアには二種類あります。

インバスとアウトバスです。

インバスとはシャンプーやトリートメント

アウトバスは洗い流さないトリートメント

(オイル、ミルク、ミスト)

簡単にいえば、お風呂場で使うものか

ドライ前、お風呂上がりに髪につけるものか

に分かれます。

ここで、先程の悩みを解決するのは

まずインバスです!

髪のダメージ、色持ち、を気にしているかた

特にサロンを出てから一週間は退色し易い状態

であることに注意してください!

なるべくオーガニックの優しいシャンプーと

ダメージ補修成分やカラー退色のしにくい処方のシャンプーを選ぶといいです!

そして、今回ホームケアで特にメンズが

取り入れていきたいのがアウトバスです!

アウトバストリートメント

洗い流さないトリートメントとも言いますが

いろいろな種類があります。

オイル、セラム、ミルク、ミスト

髪の短いメンズが使いやすいのは

オイルか、軽くつけられるミストだと思います。

さて。どんな物を選んだ方がいいのか、、、

毛髪、髪の状態で選ぶ

一番わかりやすいのは、自分の現在の髪の毛の状態を見て、改善する方法です。自分の毛質をしっかりと把握して選んでみましょう。

剛毛を改善したいならオイル!

男性は、髪の毛が硬くて太い毛質の人が多いです。そのため、カラーやパーマで髪が荒れると、ごわごわして絡まりやすくなります。そのような場合は、髪をコーティングしてくれるオイル系がおすすめ。ドライヤー前にオイル系をつけるとサラサラになりますよ。

しかし、オイル系は量の調節が難しいという声もあります。調節が煩わしい方は、ミルクタイプのトリートメントを選んでみましょう。水分量が多いミルクタイプであれば扱いやすく、ドライヤー後につけると収まりの良い髪になります。ちなみに、シリコン成分やポリマーが含まれているジェルタイプは髪を柔らかく保湿してくれるので、追加して使っても便利です。

細くてパサパサに見える人はミスト&ミルク

髪の毛が細く柔らかいけれど、ぱさついて見える…という方には、ミストタイプやミルクタイプがおすすめです。特にミストタイプは、美容液・タンパク質が含まれていることが多く、髪の内部を補修し、ハリやコシを出してくれます。ミスチトタイプは濡れた髪・乾いた髪どちらにも使えることが多いので、使いやすさも○。

ミルクタイプは乾いた髪に使うタイプのトリートメントです。細い髪の場合は油分が入っているタイプをたくさん使うと、少しベタついて見える可能性があるので注意が必要。水分量の多いミスト・ミルクタイプなどを使うようにしましょう。

夜につける物はヘアケア、補修メイン

髪の傷み・パサツキをどうにかしたいと思っている方は、ヘアケア(補修)が中心のトリートメントがおすすめです。ドライヤーの熱から髪を守るオイルタイプや、髪を保湿し栄養を補うミルクタイプなどを選びましょう。また、髪の傷みによる乾燥が激しい場合は、髪の毛をしっとりさせるジェルタイプもおすすめです。寝ている間に髪を補修しつつ、パサツキを抑えてくれるので便利ですね。

lussocanaan ではアウトバストリートメントに

エルジューダのオイルとミルク

ヘアデコエマルジョン

をお取り扱いしております!

どちらもメンズも使えます!

アウトバスはホームケアの質をグッと上げてくれるとともに、

周りからも美意識高く見られちゃう

グットアイテム!ぜひお試しくださいね!

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • line
    totop