白髪染めでも明るく染めたい

こんにちは!

目白の美容室Lusso canaan 田中です

今回は白髪染めについてお話します

まず白髪染めは普通のカラー同様明るさがあります

お色味も赤みが少ないアッシュ系からツヤがでやすいナチュラルブラウン系、バイオレット系など

様々です

しっかり染めたい!という方にはやはり暗めなカラーがいいです

ここでは上の画像の3から5あたりが暗めのカラーになります

(日本人の黒髪は2から4くらい)

地毛よりも少し明るめでという場合、要注意なのはお白髪の割合が大事になってきます

お白髪が全体の50パーセントくらいになると6トーンくらいではそまりが悪く感じやすいのです

ちなみに明るい白髪染めだとお色を入れるというより、ぼかしたり薄づきのイメージになります

白髪の割合が多く、すぐ根元のリタッチが気になる方には暗めより明るめの方がおすすめです

(白髪の割合が70パーセントくらいになると地肌と同化して薄く見えてしまったり…)

今までずっと暗めの白髪染めをやってきた方の場合、いきなり明るくするにはブリーチや脱染といって濃く入っている染料を抜く必要があります

特に毎月濃い色を重ね重ねやっていた方だと希望の明るさにもよりますが、髪にかかる負担や明るくしていくのに時間がかかります

全体をとなると大がかりですが、

生際やテッペンの白髪のかたまりをぼかしたい

という方には手軽にできるハイライトがおすすめですよ(^^)

スタイルにもよりますが、明るめのお色をメッシュの要領で入れていくことにより、敢えて縦線のムラを作るので白髪がボケやすいのです

わたし自身も白髪が気になるのであえて明るめにハイライトやグラデーションで立体的なカラーをしています

お白髪の割合や髪質、職業などでもできるスタイルは変わってしまいますが、

白髪染めで暗くしたくない、明るめの白髪染めがいい

伸びてきた白髪を目立ちづらくしたいという方は

是非ご相談くださいませ

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • line
    totop